いいことを書いた記事も第一印象で読みにくいと思われてしまったらもったいない。
視覚的なメリハリで読者を引き込むことを考えてみ!

第一現象で読みにくいと思われることを避ける

せっかくタイトルに興味を持ってもらっても本文に目を移した途端に文字がびっしりと並んでたら、読者は読みにくいと感じる可能性が高い。

WEBの文章は気軽な気分で読まれることが多い。

記事を最初から最後まで読まないとわからない状態になっているより、ぱっと見たときに気になるキーワードが見つかったり、気軽に読み流せそうにしておくこと。

空行と小見出しを適当に入れる

オレは本文は3行以内で空行を作って、大きな文字の塊ができないようにしてる。

見た目の印象として3行と4行は全然違って、4行の文章があると途端に読みにくくなる。

さらに3、4段落ごとに小見出しを入れる。

理想は小見出しだけで記事の内容が大体分かって、詳しく知りたい部分が本文も読めばわかるという形。

色やカタカナで本文にリズムをつける

「この部分を強く訴えたい」という部分には赤などの色をつけるようにしてる。

これはここぞと言う部分にだけに使って、記事によっては使わないこともある。

重要な部分に色をつけると、ポイントが浮かび上がって記事全体が読みやすくなる。

あとは、アクセントをつけたい部分はさらに引っかかってもらえるようにカタカナにすることもある。

例えば

「これを使えば簡単に記事が書けます」

という文で

「カンタン」

ってカタカナにするとか。

アイキャッチを入れるのも効果的

本文の最初にアイキャッチとして写真を挿入することも効果的!

気になる写真で本文を読んでみようと思ってもらうこと。

アイキャッチの写真は自分で撮影しても良いけど、難しい時はクリエイティブコモンズライセンスで第三者が利用可能な形で公開されている写真とか、無料のフリー素材を使うのもあり。

結果

・視覚的なメリハリをつけて、見たときの印象が良くなって記事を読んでもらいやすくなる
・メリハリを意識して小見出しをつけたり、長い部分を削って読みやすい文章が書ける

おすすめの記事