MIL46093//1

SEOを考えて検索されやすいキーワードタイトルに入れよう!

検索エンジンから多くの読者を呼び込むために記事のタイトルに工夫しよう。

検索する人が求めているキーワードを意識する。

検索エンジンはブログにとって最重要の流入元。

ブログとSNSとの関係は深いけど、読者の流入元は検索エンジンの方が断然重要。

たいていのブログでは70%前後が検索エンジンからのアクセスやね。

だからSEOを考えずにPVを増やしたり、ましてやプロブロガーとして生活していくことはできない。

SNSからのアクセスは話題の波で大きく上下するけど、検索エンジンからのアクセスはSNSに比べると安定して増やすことができる。

SEOのためにすぐにできて効果的なのは

記事のタイトルに検索されやすいキーワードを入れること

やな。

読者がどのようなキーワードで検索するかを想像して、検索結果の一覧に表示される機会を確実に増やそう!

検索されやすいように型番や固有名詞を入れる

例えば、先日買ったテレビが良かったからブログに書こうという時に「テレビを買いました」だと検索エンジンからのアクセスは見込めない。

仮にテレビというキーワードで検索したときに検索結果に表示されたとしても、なんという機種なのかわからない。

たただ「買いました」だと興味を持ってもらうこともできないな。

テレビを買うために検索する人は、検討中の機種の機種名や型番で検索するもの。

例えば「テレビ」じゃなくてさらにメーカー名や製品名を加えて、その機種の情報を求める人に的確に見つけてもらえるようになる!

内容がわかるキーワードを組み合わせる

ブログの記事(ウェブページのタイトル)が「シャープのテレビ」だけだと、そのページがオンラインショップなのかカタログなのか、ユーザーが何をを書いているページなのかが検索する人にはわからへん。

だから、内容が端的にわかるキーワードを組み合わせよう。

製品の評価を探している人なら多くは「製品名 レビュー) 「製品名 購入」みたいなキーワードで検索するはず。

ピンポイントに知りたいことがあるなら「製品名 操作性」 「製品名 見え方」みたいに、知りたいキーワードを組み合わせるかもしれない。

こんな感じでキーワードを考えよう!

操作性の良さが特に気に入ったなら「シャープのテレビ レビュー 操作性」みたいなタイトルにすれば、レビューとかバッテリーに関する情報を検索した人にとっても、求めている情報が書かれていることが一目でわかるようになる。

結果

・正確な型番や固有名詞をタイトルに入れると検索結果に表示される機会よおやすことができる
・キーワードを選ぶ習慣がついて記事内容も明確になって読みやすい記事を書けるようになる

おすすめの記事